僕が愛した全ての君へ

「今日も大好きだった!」

Your my superman!

 

 

 

「それでは聞いてください 新曲」

 

ジュニア祭り 横浜アリーナ Love-tune単独公演で発表されたのは新曲Superman

 

 

 

7人デザイン違いの各自メンバーカラーのジャケット衣装を着て

「俺たちの時代だ!」と叫んで 僕らのこたえ〜Here we go〜を歌って

ステージを走り回ったライブ中盤。

 

走り疲れた様子でセンステに寝転んで、

「横アリから、声が聞こえる気がする…」

という安井くんの茶番(茶番)の後に発表された新曲。

 

不思議な だけどめちゃくちゃワクワクするイントロで、寝転んだLove-tuneが立ち上がって、一人ずつソロパートと同時に動き始めて。

 

どんな冒険が始まるんだろうってワクワクしてたら『代わり映えしない毎日』とか言い出して、大人になっちゃったみんなで昔の事を思い出すの。

 

そしてセンターステージからバックステージにむかってみんなでわちゃわちゃしながら歩いていく(森田くん躓いてました)(局動画声入ってました)んだけどその光景がま〜〜あかわいくて、幸せの具現化を見せられてる…って和んでたらLove-tune7人横並びで、

『忘れられない思い出を君にあげたい』って手を伸ばすの。

自慢の担当が、大嫌いだったLove-tuneがくれたたくさんの思い出がフラッシュバックしてきて、泣いた。

 

目の前にいる大好きなLove-tune、キラキラの笑顔。

手でハート作った顕嵐くんの

『Good God Damn Love I feel like superman』

 

 

それでね、萩谷くんがたのしそ〜〜〜〜にいい顔して踊るの。こんっっっな楽しそうな顔みたことないって位の笑顔で!!!

そんな楽しそうに『空にはちょっと飛べないけど』とか言われたって。

空は飛べなくても君が好きなんだよ、って 泣いたりして。

 

 

2番の歌い出しは森田美勇人。

じゃんぐるじむ ぶらんこ すべりだい

今じゃ全てが小さく見える

What is the dream  答えられない

そんな大人にはなりたくない

この歌詞を美勇人くんに歌わせたの天才でしょ?!

もうきっと年齢的にはいい大人なはずなのに、『そんな大人にはなりたくない』って

いつまでも無邪気な顔で楽しそうに大好きなダンスを踊る、美勇人くんにぴったりな歌詞だなあと。

この後の長妻くんの『ママに怒られちゃった』と言い、歌割りを歌詞と人に当てはめたみたいで、初めて聴く曲なのに自分の中ですごくぴったりハマっていくの。

あと長妻くんがママに怒られてる横で怒ってる真田くんめっちゃかわいかったです!!!ぱっぱ!!!

 

そっから7人が思い思いにメンバーに絡みながらメンステに歩いていくのがかわいくてかわいくてもう目が足りなかったんだけど、“泣いてる美勇人くんを抱きしめて支える萩谷くん”がもうこの世のものか疑うくらい可愛くて泣きました。局動画にもちらっと映ってたので是非!!

あと局動画で見て知ったんだけど、Tonightで”ここ”を指す顕嵐くんの解釈が大正解過ぎた…。Love-tuneにとってもあの日のことを示した歌だったんだなぁと思って泣いた。

 

2番の『Good God Damn Love I feel like superman』は長妻くん。サビ前の大事なフレーズを任せられたのが年少コンビのらんれおって、なんか、めちゃくちゃエモくないですか。いつだってらんれおが示すのは未来だもん。キラキラの可能性に満ち溢れた未来、夢。

なんて心強い存在。

 

悲しみなんて脱ぎ捨てちゃって

今夜くらいは歌いませんか

テレパシーちょっと使えないけど

For you I’ll be there

こんな歌詞、泣くに決まってる。

“今夜くらいは”って歌詞がなんともLove-tuneらしくて、愛おしくて、『僕はあなたのために駆け付けるよ』ってずるいでしょ。

7人揃ってステージに立ってるLove-tuneを見られるのは今日で最後かもしれないって自分に言い聞かせてあの場所にいたのに、もっともっと好きにさせられて、こんなに最強なLove-tuneがこんなとこで終わるはずないってまた思わされて。

 

忘れられない思い出を君がくれたよ

ね、ずるいでしょ?

Love-tuneのこと好きになっちゃうでしょ?

ステージに立って見せてくれた姿だけじゃない。初めての景色とか、ファンに教えてくれた夢とか、いっぱい叫ばせてくれた曲中のセリフとか、Love-tuneがくれたもの。萩谷くんが考えてきてくれた振り付けもだね。

忘れられない思い出をくれたのはLove-tuneなのに、そんなこと言ってくれるの。

 

でもなによりも嬉しいのは「俺たちとみんなで『Love-tune』」って言ってくれること。

「みんなの愛と俺たちの音でLove-tune

安井くんのその言葉が心底嫌で涙した日が懐かしくて、今ではその言葉を聞いて嬉し涙を流してるの。人生何があるかわかんないなあ。

 

 

最後の『Good God Damn Love I feel like superman 』は安井くん。らんれおが示す未来に着実に進んで行くための道を先陣切って作ってく安井くん。

Love-tuneは安井くんのためにできたグループで、きっとそれは間違いじゃなくて、でもその『安井くんのため』に救われたメンバーもファンもたくさんいて、それは結果的にみんなのためになってるよ。だからLove-tuneは、安井くん、萩谷くん、真田くん、美勇人くん、諸星くん、顕嵐くん、長妻くん、みんなのためのグループだ。

 

シアタークリエで始まった最強の7人が横浜アリーナを満員にして、それでもまだ『夢って最高だろ?夢見ていこうぜ』って声を上げて、必死に、ギラギラ輝いてる。

横アリにドラム響す萩谷くん、かっこよかったなあ。

自分の中で『担当』として捉え始めたから余計にかっこよく見えただけなのかもしれないけど、きっとそれだけじゃない。

 

空にはちょっと飛べないけど

テレパシーちょっと使えないけど

この二つの歌詞がなんだか他人事に思えないの。

空を飛べない、テレパシーを使えない君だから好きってわけじゃないんだけど、なんて言うのかなあ。存在として、そんなところも好きだよって感じ。

 

今、色んなことが難しい。正直全然わかんない。彼らの身に何が起きてるのか、事務所がどうなってるのか。

でも多分、今はわかんなくていいんだよ。

大好きな最強にかっこいいスーパーマンはまた絶対ステージに帰ってきてくれる。何事もなかったみたいにステージに立って、めちゃくちゃかっこいい姿をみせてくれる。なんかわかんないけど、そんな気がする。

 

 

このsupermanは今こうして思い出しても、Love-tuneのギラギラと夢、儚さとかもっとたくさんいろんなものがぎゅっっって詰まった楽曲で、7人がLove-tuneとしてステージに立たなくなる前、さよならの前、最後に届けてくれたこの歌はきっとらぶ担にとってのお守り。

寂しくなったらこの歌を聴いて、Love-tuneがくれたたくさんの『忘れられない思い出』を思い出して、がんばろうね。

 

 

Early in the morning 目が覚めて

いつものバックを持って

満員の電車に乗り込む

代わり映えしない毎日

時が経つのも気にしないで一日中

冒険ごっこしていたように

さあ Tonight Tonight Tonight 

 

忘れられない思い出を君にあげたい

Good God Damn Love I feel like superman

 

おしゃれなファッションに着替えちゃって

今夜くらいは踊りませんか

空にはちょっと飛べないけど

For you I’ll be there

 

じゃんぐるじむ ぶらんこ すべりだい

今じゃ全てが小さく見える

What is a dream 答えられない

そんな大人にはなりたくない

はしゃいじゃっては転んで

ママに怒られちゃった

泣きじゃくってパパが来て

また笑ってはしゃいだ

あれからMonday or Tuesdayも曖昧なDays

笑い方 泣き方 どうしたっけな

さあ Tonight Tonight Tonight 

忘れられない思い出を 君とつくろう

Good God Damn Love I feel like superman

 

悲しみなんて脱ぎ捨てちゃって

今夜くらいは歌いませんか

テレパシーちょっと 使えないけど

For you I’ll be there

 

La La La ...

Once more Please your voice

La La La ...

Once more Please your voice

La La La ...

Once more Please your voice

忘れられない思い出を君がくれたよ

Good God Damn Love I feel like superman 

 

I feel like superman 

おしゃれなファッションに着替えちゃって

今夜くらいは 踊りませんか

空にはちょっと 飛べないけど

For you I’ll be there

I feel like superman