僕が愛した全ての君へ

「今日も大好きだった!」

愛と旋律、夢

 

少クラ見ました?!?!

 

見てない人は良かったら5/11(2週目)のラスト3分だけでいいので見てください。

Love-tune担じゃなくても、なんだか幸せな気持ちになれるはず。Love-tune担は意味のわからない涙が溢れて画面が見えなくなると思います!!!

 

ジュニア祭り横アリ単独のこと 新曲『Superman』のこと 気持ちの整理のために早急にブログ書きたかったのに、最近のLove-tuneを見ていたらなかなかそんな気持ちになれなくて。まだ消化したくないし自分の中に仕舞っていたいなって思ってたんですけど、Superman見てそろそろかなぁと。

 

 

 

今更感すごいんですけど、ジャニーズJr.祭りお疲れさまでした。おわりましたね!!(タイムラグ)

正直終わりたくなかったです!クリエに出演しないことが決まってたのもあって、次いつ姿を観れるか分かんない状況が怖くて横アリの前で泣くなどしました。

うちわ持てるコンサート、やっぱたのしいよね。ジャニオタやってる!!感に浸った!!やっぱりうちわ持ちたい!!!

あとすぐ無くすから公式ペンラ売ってくれ!!!

 

 

 

 

ここから、単独公演の話。

まさかLove-tuneの7人が横浜アリーナで単独公演をする日が来るなんて夢みたいで、当日になってもまだ信じられないまま東急東横線に揺られていました。

 

電車でちらほら見つけたLove-tuneのバンダナをカバンに付けた女の子が、電車が進むごとに増えていくんですよ。みんないっぱい考えたんだろうなぁってカワイイ服を着て。

好きな人に会うためにオシャレした女の子ってほんとにかわいい。

 

 

 

そしてオルゴールの音と、子供と電子音の会話から始まるコンサート。

「僕の夢は、スーパーマンになること。

でも大人は僕の夢を笑うんだ

僕の夢はおかしいのかな

夢を見るのは、いけないことなのかな?」

『私はいい夢だと思いますよ。』

「君は?」

『私はラブ。君の夢をサポートする者です。そのために生まれました。』

少年とラブは夢を叶えるために4つの感情を学ぶ、というテーマだったのかな🤔!

 

 

そして、

1曲目でいきなり最高潮まで盛り上げるCALL

らんれおから始まる言葉より大切なもの

例の如く「あっあー!」と歌(わされ)るT.W.L

新しい衣装でバッキバキ踊るCrystal sky

花道を歩くだけで絵になる強さのmasterpiece

美勇人くんが魔法をかけたMU-CHUで恋してる

たくさんの愛が詰まったLOVEメドレー

大きなステージで多幸感に溢れたThis is Love Song

Love-tuneの熱さが顕著に表れた和装の烈火

しっとり大切に歌い上げて聞き惚れたtriangle

流石にめちゃめちゃ感慨深かったモロササイズ……

 

書いていたらきりがないほど、全部全部に意味があったなぁと。それでいてキチンと『見せ場』が作られていて、Love-tuneは本当にステージを作るのが上手なんだと改めて感じました。

 

「俺たちの時代だ!!!!!!!!」って叫んで走り出した安井くんに続いてステージを駆け抜けたあの光景だけは何年経っても忘れないと思うの。きっとわたしは今、とんでもない人たちを見てるんだって衝撃。忘れらんないな。

 

 

そして真田くんがすごくこだわって組んだらしいラストスパート、今までのどのライブよりも熱かった!!!!2018/3/25のあの時間、日本中のどの場所よりもきっと横浜アリーナが日本一熱かった!!!!

 

NO WAY OUTに入る前に顕嵐くんが「ペンライト置け!!」って言って、置かなかった人がいたんですよね。あぁ、やっぱりらぶ担ってそういうところあるよなぁなんて思って。でももう2回「ペンライト置けるか?!」って聞こえて、そしたらもう光があるのはステージだけになってて。

 

ジャニーズのコンサートなのに、横浜アリーナなのに、そこはLove-tuneのライブハウスになってるの すごいなあって純粋に感動しました。

顕嵐くんの声には人を動かす力があるの。

安井くんみたいでカッコよかったなぁ。

 

そして、個人的にすっごく思い入れの深い    NO WAY OUT。大きな大きな、大きすぎるステージで大好きなこの曲のドラムを叩いてるのはあの頃の晴也くんじゃなくて、ちゃんと萩谷くんでした。( ちゃんとって表現は間違ってるのかもしれないけど許してください。)

ワガママな有翔くんはそこにはいなくて、きっと晴也くんが悔やみ続けたであろう皓太もいない。

ステージに立ってるのは安井くんと、萩谷くんと、顕嵐くんと、そして真田くん美勇人くん諸星くん長妻くん。

Love-tuneの7人のNO WAY OUT

 

最高でした。

 

Love-tuneを好きになって、やっとわたしはSHARK2の呪縛から抜け出せたよ。

感情が表れた顕嵐くんの歌声は今まで聞いたどんな歌よりも素敵だった!!!

 

 

そして安井くんの煽りでボルテージは最高潮のところに象の鳴き声が聞こえて、象。

10年後またここで会おうよ その時は今よりずっと笑っていよう きっと きっと

この歌詞が映るモニターをチラっと見た途端に涙が溢れてきて。時間が経った今、きっとこの歌詞がこんなに響くことは後にも先にもないんだろうなぁなんて考えてます。

傷跡隠して微笑む 君の優しさを知ってるよ

生まれてくれてありがとう

一人きりじゃないよ

そう今でも

これからも段々君が素晴らしくなる

案外どんな場所にだって行けるよ
その足で踏み出せ 世界は変わる

もうこの歌詞、Love-tuneのことにしか捉えられないなぁ…。2つ目の部分を安井くんが歌いながら泣いたんですよね。安井くんのそんな姿はじめて見たから、きっとこの公演はLove-tuneにとってもファンにとっても特別な時間なんだって改めて感じたりして。

 

泣いたな〜〜〜〜!!!!

多分一年分泣いた!!!!

ふと天井を仰いで、萩谷くんのドラムが響く横アリの大きさを体感してまた泣いた!!!!

 

 

コンサートの最後、安井くんのお話を聞いて、ハッとしてまた泣いて、Love-tuneが好きだなって改めて気付くの。

 

この公演のテーマは『夢』。

 

思い出しただけで苦しくなっちゃうくらいの、ギラギラの青春。

Love-tuneの夢を叶える過程を覗き見してる感覚。

アイドルって素晴らしい!!!

 

限りない夢を 追いかけて行くから
掴み取れるまで Dream on Dream on
憧れはほら その声に導かれ
辿り着く日まで Keep on Dream on

本編の最後に持ってくる歌がこれなの、ほんとにずるいなぁ!!大好きで堪らない!!!

 

長くなっちゃったからsupermanについては別で消化します。

 

 

最高のコンサートをありがとう!!!!

これからも夢を追う姿をたくさんたくさん見させてね。